山本綾子の勉強会、1回目と2回目以降の方、それぞれどう感じるのでしょうか?

山本綾子の勉強会、1回目と2回目以降の方、それぞれどう感じるのでしょうか?

2017年01月04日(水)4:00 PM


こんにちは。

皮膚科医 山本綾子です。



12月17日土曜日に

『第25回アトピー発症機序理論勉強会と

セルフケアのためのワークショップ』

が開催されました。



早いもので今回で25回目。

これまでの総参加者様は400名を超えました。

ご参加いただいた皆様、

ありがとうございました。



あと勉強会の後、

ちょっとしたクリスマスパーティも

開催させていただきました。

皆さん、とても楽しいお時間を

過ごしていただけたと思います。



今回はいつもの勉強会よりも、

再受講者さんも

たくさんお誘いさせていただきました。



勉強会を再受講の方の多くは、

診察にも来ていただいているので、

よく理解いただけている方も

多くいらっしゃいますね。



「内容を再確認できた」や、

「1回目は少し難しかったけど、

受診を踏まえた上での、

今回の2回目は内容をよく理解できた」

というお声もいただけています。

ぜひ今回をきっかけに、

良い方向に進んでいただければ嬉しく思います。



今後も、再受講の方も

応援していきたいと思いますので、

ぜひ2度目以降の方もお気軽にご参加ください。



アトピー発症機序理論は、

湿疹発症部位の法則でもあり、

つまり解剖学、生理学、病理学など

さまざまな医学知識が含まれています。

(難しく聞こえますが、内容は易しいので

ご心配要りませんよ。)



知れば知るほど奥が深く、また、

自分の症状をなんとしても抑えたいと

一生懸命になればなるほど、

面白く学んでいただける理論です。



私の外来を受診される患者さんも、

受診のたびに、

「身体の仕組みって本当に面白いですね!」

とよくおっしゃいます。

あまりの面白さに、

「自分で解剖の本を買いました!」

という声もよく聞きますよ。(笑)



一方、今回が初めての1回目という方も、

たくさんご参加いただけました。

1回目だと理解が難しいのかなと

思われるかもしれませんが、

そんなことはありません。



ここで今回、

遠く北海道からご参加いただいた

Mさんからのメッセージ(抜粋)をご紹介したいと思います。



ご本人とご家族の湿疹の改善を目的に、

ご参加いただきました。

(※ご本人の承諾をいただいています。)



—–Mさんからのメッセージここから—–



勉強会で教えていただいた

対処法を小まめにしていたら、

毎年、冬の間はずっと出ていた首横や耳下、

ひじの湿疹がみるみるうちに良くなり、

ほぼ消えつつあります。



私の成果を見て、

息子もまじめに取り組むようになり、

首の前の皮膚がどんどんと良くなっております。



私自身が一番びっくりしております。


心から感謝です。

今後ともよろしくお願い申し上げます。



—–Mさんからのメッセージここまで—–



ご本人さんの湿疹だけでなく、

息子さんの湿疹まで良くなったのは、

嬉しいご報告です。



この調子で進められれば、

今後、さらに受診でより細かく

個別の対応策を取ることで、

さらに良くなっていくと思います。



Mさんからは、「アトピーの患者は、

どうしたら症状が改善のするのか

という根本のところがよく分からないまま、

たくさんの労力とお金を使っています。

先生の理論がアトピーの人々に

更に知れ渡ることを願ってやみせん。」と、

メッセージのシェアを快諾くださいました。



「アトピーだから仕方ないよ」

「アトピーは原因不明だからね」と

あちこちの皮膚科で言われ続けてきた方が

多くいらっしゃると思いますが、

湿疹発症の理論がわかると

治療に取り組む意欲が持て、

自分の身体により向き合えるようになります。



「アトピーが良くなるなんていいなあ」と

誰か他の人のことと思わず、

「次、ワタシ!」と

今度は貴方がアトピーから開放されることを

楽しみに待っていますね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+


«   |   »

  |  

過去の記事