ご兄弟2人の『アトピー治療』の改善具合の違いの原因とは?

ご兄弟2人の『アトピー治療』の改善具合の違いの原因とは?

2018年03月01日(木)6:00 PM


今日は皆様に、私の治療の基本的な考え方でもある、

「アトピーと身体の使い方の関係」について、

過去にあった簡単なエピソードをお話したいと思います。


以前、外来に通っていてくれていた、

幼稚園と小学生のアトピーでお困りの兄弟がいました。

その2人のお話をしたいと思います。



この二人は、もともと脱ステの影響で、

顔も体も本当にひどい症状でした。



ある日の診察です。

同じくらいひどかったこの二人、

ステロイドを使って随分よくなりました。



ただ、お兄ちゃんは身体の湿疹がまったくなくなり、

お肌はつるつるになったのに、

弟くんの身体の湿疹は、改善したものの、

お兄ちゃんほどきれいにはなっていませんでした。



お母さんが、私に質問されました。

「先生、どうしてこんなに二人の症状が違うんでしょう?

初めは同じ感じだったのに・・」

なぜだと思いますか?



実はこの二人、はじめて受診に訪れた時は、

身体のバランスが悪く、

例えば、どちらも初診時にひどい猫背でした。



そこで、猫背を指摘して、

湿疹の発症を防ぐことを目的とした

正しい身体のバランス、身体の使い方、普段の習慣などを

治すように指導し治療に通っていただくこと数回・・・



小学生のお兄ちゃんのほうは正しく実践されていたのですが、

幼稚園の弟くんは幼く理解が難しいためか、バランスが悪いまま。

この違いが、二人の症状の改善具合の差を

生んでいたんですね。



身体の正常なバランス、適正な使い方、

そして普段の習慣って、大切なんです。




もちろんこれ以外の要因も、いくつかありますが、

それはまた別の機会にお話ししたいと思います。



もう一度言いますが、アトピーの治療には、

1にも2にも身体のバランス!ってくらい大切ですよ。


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+


«   |   »

  |  

過去の記事