アトピー患者さんは身体も心もガチガチ!?

アトピー患者さんは身体も心もガチガチ!?

2018年03月06日(火)3:00 PM


こんにちは。

皮膚科医 山本綾子です。


とても驚くことに、アトピー患者さんは、

「身体」も「心」もガチガチなことが多いです。

少し硬いね・・・くらいなら、

普通の方でもよくあることですが、

まさに「とても驚くくらい!」なのです。



湿疹の発症している部分と関係している

身体の各部位や筋肉に触れるだけで、

ガチガチ具合が分かります。

試しに私が、ストレッチや軽いマッサージをすると、

「いたーい!(T T)」と、

悲鳴に似た声が上がることも多々・・・。



しかも、多くの方は、

それだけガチガチになっているのに、

ご自身は私に指摘されるまで、

自分のことをそのように認識しておらず、

気づいていなかった・・ということが多いのです。

これは湿疹とは別の問題で、大変そうですよね。



ところで、なぜそんなに身体が

ガチガチになってしまうのでしょう?

その一つの要因は、

「負担のかかる身体の使い方をしている」

ということがあげられます。



身体の使い方の最も基本的なものとして、

「立つ」「歩く」があります。

“正しく”立つ・”正しく”歩くってどうして必要なんでしょう?



見た目にキレイだから?カッコイイから??

確かにスッとバランス良く立ち、スマートに歩けば、

は見た目にも格好よく美しいです。



でもね!!!

なぜ必要かと言えば、本当は、

ただ単に「見た目がいいから」ではないのです。

(もちろん、それも大事ですが)

実は、その基本的な正しい動作が、

最も身体に負担が少ないからなのです。



少し極端に分かりやすい例で言うと、

普段の立つ格好で、

わざと腰を曲げてみてください。

これって「変」な身体の使い方で立っていますよね。

その時、腰に手を当てると、

腰骨が皮膚を圧迫しているのがわかると思います。



そうなのです!

負担のかかる身体の使い方にすると、

四六時中、身体を圧迫しているのです。

身体にとっては相当な負担です。



正しい歩き方も同じです。

正しい歩き方を学ぶと、いかに合理的で、

力のいらない歩き方なのかに驚かされます。



なるほど、だから疲れにくいし、

ムクミにくくなるし、血流が増えるのね!

そりゃ、足も冷えないわ!

そりゃ、カサカサも治るわ!

本当にびっくりします。

身体って本当によくできているのですね。



実は、このことは「心」についても同じなのです。

続きは、また今度お伝えしますね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+


«   |   »

  |  

過去の記事